teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


マーブルケーキ

 投稿者:あべちゃん  投稿日:2018年 1月29日(月)23時55分16秒
  マーブルケーキの抹消情報ありがとうございました。
ちょっと急な印象がありましたが、たしかに7歳であれば競走馬から繁殖牝馬へ
活躍の場を移したほうがよいでしょうね。
スポーツ紙のサイトで記事にならなかったことが少々残念です。
 
 

(無題)

 投稿者:ハンドルネームを忘れてしまいました   投稿日:2018年 1月23日(火)10時13分17秒
  2018年1月12日付けでマーブルケーキが登録抹消しました。

2011年生まれなので年明け7歳ですから納得ですね。無事に繁殖入り出来そうなので嬉しいです。

今年の種付けシーズンに間に合うので何を種付けするか楽しみです(全姉妹のブチコは2017年の種付けはクロフネですね)

シラユキヒメ産駒の白毛の牝馬はクロフネ3頭とキングカメハメハ3頭で、マシュマロは金子真人さんの預託なのでキンカメ牝馬も1頭は手放さないかなと思ってます(それがブチコかも)
 

(無題)

 投稿者:ハンドルネームを忘れてしまいました   投稿日:2018年 1月15日(月)17時41分16秒
  修正、更新どうもありがとうございました。

周りに競馬をやる友人がほとんどいないとはいえ、恥ずかしながら3歳三冠レース=クラシックだとばかり思っていました。

秋華賞はクラシックではないようですね。大変失礼しました
 

修正しました

 投稿者:あべちゃん  投稿日:2018年 1月14日(日)23時43分26秒
  ご指摘ありがとうございます。

秋華賞はクラシックではありませんが、牝馬三冠レースの一つですので、たしかに混乱を招きそうです。
「ユキチャンが果たせなかった」という表現は差し控えました。

ユキチャンの種付けはご指摘のとおりでしたので、修正しました。

ホワイトドラゴンの半妹の件、存じ上げませんでした。
昨年11月頃に輸入されたようですね。
早速ウォッチで紹介しました。
また更新が滞っていた「世界の白毛馬たち」ですが、わかる範囲で更新しました。
紹介いただいた、ホワイトドラゴンの半妹も追加しています。
 

(無題)

 投稿者:ハンドルネームを忘れてしまいました   投稿日:2018年 1月 5日(金)18時01分20秒
  お返事をいただいたのにだいぶ時間が経ってしまい申し訳ありません。
返事をしなきゃと思ってすっかりタイミングを逸していました。

どうやらハンドルネームではなく名乗ってメールをさせていただいていたようですね。確かにSです。


遠慮なくとあったので新年早々申し訳ないのですがお言葉に甘えさせていただくと、2点ほど誤植かなと思ったことがありまして、

1つ目はハウナニの記事で母のユキチャンが果たせなかったクラシック出走と書いてあったような気がしますが、ユキチャンはクラシック牝馬三冠の最後の秋華賞に出ています、ブービーでしたが。

ヤフーで競馬ニュースを見たときに某スポーツ新聞もハウナニの記事で初のクラシックへと書いてあったのを見た記憶があります。

2つ目は2017年の白毛の繁殖牝馬の種付け情報ですが、
ユキチャンはヘニーヒューズが受胎しなかったのかその後ルーラーシップを種付けして、それも受胎しなかったのか最終的にロードカナロアを種付けしたようです(私も気になっていてJAIRSで見てました)


お手数おかけしますが、ご確認いただければ幸いです。
余談ですが、出資馬のハウナニが2戦目は芝を使い勝ち上がってくれたものの、レース数日後に歩様が乱れて検査した結果、全治半年の骨折でした。

既に1つ勝っているのでスーパー未勝利などは気にしなくてよいものの、一口馬主クラブの牝馬は規約で引退期限が決まってるので長期休養はへこみます。

あと、記事になさっているか確認していないのですが、外国産白毛牡馬のホワイトドラゴンの半妹が輸入されているらしいですね

白毛が増えるのは嬉しいものの、サンデーサイレンスが好きだったので個人的にはシラユキヒメ派です(笑)。

長文、すみません。今年もよろしくお願いいたします
 

ご指摘ありがとうございます

 投稿者:あべちゃん  投稿日:2017年10月19日(木)07時03分29秒
  お返事が遅くなって大変申し訳ございません。

「2013年から2014年頃」ということですので、Sさんでしょうか。
ご無沙汰しております。

誤植のご指摘ありがとうございます。
早速修正しておきました。
ほかにも多々間違いがあると思いますので、お気づきになりましたら遠慮なくご連絡ください。

全ての白毛馬に出資されているとのことで、大変うらやましい限りです。
またハウナニが勝ち星まで上げられて、本当におめでとうございます。
私も以前はシルクの会員でした。
ハウナニのような素敵な白毛馬の馬主になれるのでしたら、シルクを続けていればよかったです。
ハウナニのこれからのご活躍を期待しております。
 

誤植について

 投稿者:ハンドルネームを忘れてしまいました   投稿日:2017年 9月26日(火)14時00分42秒
  こんにちは。

以前にメールで何度か白毛について質問をさせていただいた者です(恐らく2013年から2014年頃)。

本名でメールしたのかハンドルネームでメールしたのか失念してしまい、当時使っていたパソコンもWindowsXPかつ故障で使えなくなってしまったので探せなくなってしまいました。

ヤフーにログインしてメールを検索したところ、何通かヒットしたものの本名なのかハンドルネームなのかわからずじまいでした(昔のメールを少し読み返したところ自分だけ舞い上がって興奮していて恥ずかしくなりました)


誤植の件なのですが、日本で生まれた白毛馬たちという一覧で、「ユキチャンの2016が牝馬」になっていますが「ヨハネスブルグ産駒の2016は牡馬」だと思います。ご確認よろしくお願い致します。

定期的にタブレットなどで拝見しておりましたが日本で生まれた白毛馬たちというまとめもリニューアルされて更に充実しましたね!読者として嬉しく思います。

最後に私事ですが、一口馬主クラブ史上初の白毛馬であるユニオンのユキンコに出資(結果は大敗続きで未勝利引退かつ繁殖牝馬にもなれず)しただけでなく、

シルクでシロインジャー(喉鳴りの影響やハービンジャー産駒なのにデビュー2戦ダート使ったせいなのか未勝利、しかしノーザンで繁殖入り)にも出資し、

先日デビューしたハウナニ、更にはユキチャンの2016も当選して今のところ一口馬主で募集された白毛馬に全て出資できています。

マシュマロは金子真人さんの預託馬で、ユキチャンの仔は今のところ全てシルクに来ているので、もう1頭の全姉妹のブラマンジェの仔(初仔は芦毛でセレクトセールで売却)で白毛の2017はキャロットかもしれないですね
 

白い龍ですか

 投稿者:あべちゃん  投稿日:2016年 4月26日(火)07時05分26秒
  OTさん。情報ありがとうございます。
ドラゴンの冠名といえば、窪田康志氏や窪田芳郎氏あたりでしょうか。中央でのデビューとなることを期待します。

本場の一つ上の兄で、白毛のPainted Patchenは、3/5のデビュー以来3着・3着と来て、4/22に2着になりました。そろそろ初勝利をお知らせできるかもしれません。
 

ホワイトドラゴン

 投稿者:OT  投稿日:2016年 4月23日(土)21時11分52秒
編集済
  こんばんは。Spot of Beautyの2014の件、詳しい情報の掲載ありがとうございます。
ジャパンスタッドブックインターナショナルのデータベースを見ると、「ホワイトドラゴン」で馬名登録されたみたいですね。
ドラゴンは冠名だそうですが・・・どんな馬主さんなのかはすぐに分かりませんでした。中央と地方どちらに入厩予定なんでしょうかね。
 

私も驚きでした!

 投稿者:あべちゃん  投稿日:2016年 1月10日(日)19時07分1秒
  otton(OT)さん、ご無沙汰しておりました。
また、開店休業状態にも関わらずウォッチしていただき、ありがとうございます。

大変貴重な情報をありがとうございました。全く存じ上げませんでした。
まさか、「由緒正しい」(私が勝手に思っているだけ)白毛が日本に輸入されるなんて、
想像もつきませんでした。
私にとっては、新年早々のビッグニュースでした。

調べたところ、オークションに上場した履歴はありませんでしたので、生産牧場と
直接取引したのでしょうか。
2015年10月20日に日本へ到着しており、北海道の平取町での飼養予定だそうです。
平取町と言えば、ハクタイユーやハクタイヨーの北島牧場や、ホワイトペガサスが
誕生したところですので、白毛に縁があるのかもしれません。

競走馬として勝ち上がっている白毛の兄姉がいるため、先日のブチコのような
活躍を期待してしまいますね。
 

レンタル掲示板
/19