teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


9月の件

 投稿者:岡本 信二メール  投稿日:2011年 9月20日(火)01時34分37秒
  さきほどはどうもお世話になりました。


以下二つだと思われます。

http://jbbs.livedoor.jp/school/21722

http://14goukan.xxxxxxxx.jp/menu/kou.html

http://jbbs.livedoor.jp/school/21722

 
 

偽堅持

 投稿者:偽堅持  投稿日:2010年12月15日(水)11時40分57秒
  http://jbbs.livedoor.jp/school/21722
早稲田大学社会科学部―講義情報・過去問・雑談サイト―14号館
 

(無題)

 投稿者:けいた  投稿日:2010年 8月17日(火)15時27分48秒
  コピペですが、夏合宿のディベートの論題です。


「人格障害」(少し前の心理学では精神病質または性格異常と呼ばれた、治癒の不可能な社会性を欠いた性格類型を指す)を持つ者が一度、重大犯罪を起こすと、出所後に再度同種の犯罪を犯す頻度が高いという現象が、マスメディアで注目されるようになった。そうした動きを受けて2008年6月、故意犯によって人を死に到らしめた加害者(殺人、傷害致死、強盗致死、強姦致死、などの実行犯)が前刑の刑期満了時において人格障害である旨の確定診断を受けた時は、3ヶ月ごとの診断において障害が除去されたという管轄医師の診断を得るまで(つまり、治らないのだから原則として一生)、刑務所類似の塀に囲まれた「予防拘禁施設」に収容して社会から隔離し、特別予防の徹底を図ることとされた。
 ○×大学社会科学部の憲法ゼミに属する早稲田太郎は、同年10月、ゼミの友人と池袋を歩いている際に難癖をつけてきた相手を軽く突き飛ばしたのだが、その相手がよろめいて倒れ、その際に頭を強打して死亡したため、傷害致死の容疑で警察に逮捕された。ところが心理検査の結果、太郎には暴発性人格障害(キレやすさを特徴とする)があることが認められた。そのため、普通であれば執行猶予がつけられるケースでありながら、懲役3年+出所時(仮釈放時あるいは刑期満了時)に人格障害であるかどうかの検査を受けることとする旨の1審判決が下された。そこで太郎は、人格障害者予防拘禁法の合憲性を前提とするこの1審判決が誤りであることを主張する憲法上の論点を付け加えて、控訴した。
 

2010年度西原ゼミ

 投稿者:はしも  投稿日:2010年 4月20日(火)18時45分29秒
  ついに、西原ゼミ幹事長が決定しました!
ゼミ幹事長は松村に決定しました。
これからのゼミの雰囲気に期待です。

あと新歓ディベートは単純賭博ディベートに決定しました。

<論題>
W大学社会科学部のN教授が指導する憲法学ゼミは、2007年3月に行われたゼミ合宿初日の夜、親睦を目的に、1人1000円ずつ賭け金を用意してポーカー大会に興じていた。ところが、部屋にしかけた隠しマイクの音声で賭博が行われていることを知った民宿主が警察に通報し、N教授とゼミ生全員が単純賭博の現行犯で逮捕されることになった。公判でNらは、私的な賭博は幸福追求権の行使であり、規制を加える合理的必要性も存在していないため、刑法185条は本件に適用される限りで憲法違反であると主張している。


<班分け>
違憲側
副島、中村、林、吉川

合憲側
神崎、橋本、渡辺、松村

上級生の方でお時間がある方は、ぜひ採点しに来てください。
 

おつかれさまです

 投稿者:たけい@卒業生  投稿日:2010年 1月31日(日)22時18分59秒
  どうもニートです。
例年通りなら今日か昨日が卒論の提出期限ですね。
四年生お疲れ様です。

本来なら進路報告等々もしなければならないのですが・・・

とりあえず4月から新宿区役所にいることになりました。
また早稲田の近くですw

上京した暁にはご挨拶に参りたいと思います。

では~
 

つぶやき・・。

 投稿者:おかもと  投稿日:2010年 1月26日(火)14時30分23秒
  4年の皆さま卒論おつかりんです◎卒論といえば、去年の卒論を翻訳してKindleで見れるようにしたらどれだけの人が購入してくれるだろう・・・。  

夏合宿ディベート論題作成チーム 基礎資料1

 投稿者:Nissie  投稿日:2009年 8月 4日(火)23時41分42秒
  2007年8月(なんだ一昨年じゃん)に作成されたクローン論題は、以下のとおりでした。この時は、法律の条文に関する想定が両チームで一致せず、禁止対象に関する前提的問題にエネルギーを取られ、議論が深まらなかったような記憶があります。ご参考まで
===以下、過去問引用===
 20XX年7月、早稲田大学自然科学部の西村博太郎教授の研究室では、人クローン胚の培養にほとんど成功していた。すなわち学部ゼミ所属の女子学生Aの提供を受けた体細胞から取り出した核を独自の方法で育て上げ、受精卵と同じ状態までもっていくことに成功していた。これを実験協力者の子宮に着床させ、8ヶ月成育させればAのクローンが誕生する段階であった。
 この情報がマスメディアを通じて流れると、人クローンの誕生に対する不安が世論の中に大きく広がっていった。それを受けて国会議員200名が共同で「人クローンを利用した研究を禁止する法律」を開会中の臨時国会に提出し、20日間に審議を経て衆参両院で可決された。この法律は人クローン開発の目的で人の体細胞を培養したり、それに加工を施すことをすべて禁じていた。この禁止に違反して細胞を保有していた際には、10年以下の懲役に処せられることになっていた。
 この法律の施行された翌月の8月10日、警察が捜査令状をとって西村研究室に踏み込み、西村教授に研究中のAの細胞の破壊を求めた。それに対して西村教授が拒否の回答をしたため、警察は培養中の細胞を没収すると共に、教授を逮捕した。その後、西村教授はクローン研究禁止法違反で起訴され、懲役8年を求刑されている。それに対して西村教授は、同法が憲法23条に違反して無効であると主張している。
===過去問引用、以上===
 

七夕ディベート論題

 投稿者:綾人  投稿日:2009年 6月18日(木)12時27分28秒
  昨今の男女の社会的格差是正の流れを受けて男女共同参画基本計画達成を目指し2009年に改正された男女雇用機会均等法にて、一部民間企業に対する雇用・昇進に対する女子特別枠の採用が義務付けられた。同法の改正により㈱西原産業では7月に予定していた人事異動に大きな変更を行わざるを得なくなり、以前より内々に上司から打診を受けていた岡本熱夫の次期管理職への昇進を取り止め熱夫より営業実績にて下回る橋本寛子の昇進の決定を余儀なくされた。当人事を不服とした熱夫は、改正男女雇用機会均等法は性別による差別を禁止する憲法14条に反するものであるため同改正法に基づく当人事は不当であるとし当人事の取り下げ処分を求める申請を行った。

以上が論題となります。
読みにくい文章でホント申し訳ありません(;><)
企業に対し女子特別枠の採用を義務付ける改正男女雇用機会均等法は合憲か違憲かという問題ですね。
ディベート頑張りましょう。
 

春合宿ディベート論題

 投稿者:Nissie  投稿日:2009年 2月25日(水)12時05分28秒
  遅くなりました! 論題をお届けします。前回の飲み会(もう2週間前ですね)で決まったとおり、今回は、何というか本格的なテーマになります。ご健闘を期待しています。

(1)「天皇の人権」
 天皇Xは、かねてより強い平和主義の信条を持っており、憲法9条改正を目指す動きに対しては強い批判を抱いていた。ところが、20xx年、いよいよ改憲論議が本格化し、自衛軍の保持と集団的自衛権の保有を明記する憲法9条改正案が国会に提出され、このままでいけば来週にも衆参両院の特別多数決で可決されようとする段階を迎えていた。
 そうした状況に危機感を持ったXは、内通者である訴外侍従Yの協力を得て、テレビ局Z放送と10分間の秘密インタビューを行い、「現在の憲法9条は日本の宝であって、これを改正することは断じて許されない」旨の発言を収録させ、翌日の放送を待つこととなった。ところが、不穏な状況から調査していた宮内庁に対してYが状況を喋ったことによりこの計画が発覚した。そこで宮内庁は、Z放送を相手取って東京地裁に対し、「天皇が象徴である以上は政治的な発言は許されず、インタビューの放映は憲法1条に反するとともに天皇や皇室の名誉を毀損する違法行為であ」としてインタビューの放映禁止の仮処分を求める請求を行った。それに対してZ放送は審尋において、自らと天皇の表現の自由を主張した。(本件はフィクションであり、いかなる現実の人物とも関係しない)

(2)「憲法9条」
 防衛省は、ソマリア沖の海賊に対抗して公海上で日本の艦船を防衛し、国際的な海賊取締りに協力する目的で自衛艦を派遣することを計画し、「ソマリア沖への自衛隊派遣に関する特別措置法」を国会に提出した。その法律の中では、海賊船を停船させるための船体射撃などを「任務遂行のための武器使用」と位置づけ、自衛隊法90条1項3号を準用する形で攻撃的な武器の使用を容認する形になっている。これに対して、野党は、当該「任務遂行のための武器使用」条項が憲法9条に定める武力の行使を容認するもので、憲法違反であると主張している。(本件はフィクションであり、いかなる現実の人物とも……ちょっとだけしか関係しない)
 

新ゼミ生顔合わせ飲み

 投稿者:橋本  投稿日:2009年 2月10日(火)01時31分14秒
  こんにちは!
新ゼミ生の飲み会デビューももう明日ですね。
確認のため詳細載せときます。

日時 2月11日 18時45分
集合場所 高田馬場ロータリー
「清龍」にて 2500円!
合宿でる方はついでに27000円持ってこれたら持ってきてください。

急遽参加したい人、遅刻する人は橋本に連絡よろしく!
 

レンタル掲示板
/33