teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re:変換アダプタ

 投稿者:津田  投稿日:2019年 6月13日(木)07時04分36秒
  私もいろいろ作っています。測定用にUF-UX,UYを作りましたがUF球はヒーター電圧が4Vが多く困ります。TV-7では近い電圧が4.3Vもう1つのエミッション計は3.8Vです。双3極管をスイッチ1で測定というのも作りました。  
 

変換アダプタ

 投稿者:PDC加藤  投稿日:2019年 6月12日(水)20時55分35秒
  最近、42や6Z-P1を3~4本入手しました。それらを音出しテストやエージングできるようにするため、昔作った「ユニバーサルアンプ」(各種のUXの3極管を挿せるようにプレート電圧やフィラメント電圧が可変にしたシングルアンプ)に挿せるようにする、UZ→UXの変換アダプタを作りました。(ほかにも各種のものを作っています。)

知人がそういったものを各種作ってヤフオクで売っています。

http://shoranosekai.g2.xrea.com/

 

少し変わった球

 投稿者:津田  投稿日:2019年 5月19日(日)18時38分43秒
  球を整理をしていたら出てきました。4699はサイドコンタクトで6.3V/1.5AEp=250VRL=2.5KでOP=8Wと書いてありかなり馬力があります。CV391は
6L6のロクタル管、EF52はアメリカ型のロクタルでGm=10000です。EF50はなぜ9本足にしたのでしょうか。
 

Re2:Star SR-100

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 5月 8日(水)17時49分8秒
  原さん、みなさん、こんにちは

>ラジオ工房の掲示板での私の書き込みに対し

ラジオ工房掲示板の投稿でしたか!齢は取りたくありませんね、鈴木さんの掲示板かと思いました。
取説役に立てたみたいで何よりです、今後も他機種のレストアー頑張ってください
 

Re2:Star SR-100

 投稿者:  投稿日:2019年 5月 8日(水)16時38分10秒
  岩淵さん、皆さん、こんにちは。

お礼を申し上げるのが遅くなり申し訳ございません。
ラジオ工房の掲示板での私の書き込みに対し、取説を送付して頂いたお蔭で、SR-100を無事レストアすることができ、その節は大変助かりました。ありがとうございます。

最近また色々とやってますので、今後共宜しくお願い致します。
 

Re:Star SR-100

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 5月 6日(月)17時55分37秒
編集済
  原さん、みなさん、こんばんは此の処、連続投稿ですみません

>岩淵さんもSR-100をお持ちなんですね、私もSR-100を持っており、10年ほど前にレストアしました。

今回の投稿で思い出しましたが、失礼ですが原さんは2011年の4月にSR-100組み立て説明書のコピーをお送りした
原さんでしょうか?SR-100を持っている方は少ないので当時保管していたメールを見たらシャーシーをメッキして
レストアーされると言われていました。綺麗にメッキされたシャーシーに整然と部品が並んでいますね

私のSR-100は当時と変わりません、現在でも目覚ましラジオとして活躍しています、当時と変わった所としては
パソコンシステムが変わったのと老人オタクになった事でしょうか

それで又思い出しましたが、そうだとすれば鈴木さんの掲示板に当時投稿していたのですね、年齢と共に記憶も
うすれていくみたいです
 

Star SR-100

 投稿者:  投稿日:2019年 5月 6日(月)16時18分41秒
編集済
  岩淵さん、みなさん、こんにちは。

>替りに何とか入手可能だったスターのSR-100キットを購入し製作しました。

ジャンクな5R-66は、アップされた記事と同じブラックパネルで、IFTにTRIO T-25を使った後期?のモデルです。

岩淵さんもSR-100をお持ちなんですね。
私もSR-100を持っており、10年ほど前にレストアしました。
シャーシは亜鉛メッキとクロメートの2種類ありますが、元と同じクロメートメッキ処理をしてソケットもハトメで固定しました。
(厳密に言うと年代によって出力トランスの大きさの違い等もありますが)
 

Re4:続々:科学教材社 0-V-2

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 5月 6日(月)12時04分41秒
編集済
  原さん、みなさん、こんにちは、度々の投稿ですみません

>JA-9の事でしょうか、自分のところにジャンクな5R-66があるのですが

そうです、当時のアマチュア無線用受信機キットとしては最高峰と思える高価なキットでした。価格も
高価でしたが、当時製作してもまともな調整器を持っていなかったので躊躇していました。そうこうし
ている内に数年経ってしまいキットは入手不可になってしまいました。替りに何とか入手可能だったスターの
SR-100キットを購入し製作しました。

原さんは5R-66もお持ちですかJA-9と同じく素敵なキットでしたね、5球スーパーのシャーシも綺麗にメッキ
されていて綺麗です、素敵なラジオを作られてください、私も7年前に隣町の古いパーツ屋さんからブリキで
出来た5球スーパーのシャーシ購入しました。古くて亜鉛メッキは黒ずんでいたのでグレーのペイントを
塗って4球スーパーを作ってみました。IFTは高くて購入できなかったので「ラジオ工房」さんの記事を
参考にしてTR用IFTを使っています、また同調指示器は「ラジオのお部屋」の嶋村さんにお世話になり
PIC式スーパーマジックアイのパーツ一式を購入して横並びの6E2タイプの物を作り取り付けてあります
此のラジオも「ラジオ工房」内の作品集に掲載して戴いていますので回路図等は、そちらをご覧ください
 

Re3:続々:科学教材社 0-V-2

 投稿者:  投稿日:2019年 5月 6日(月)10時15分17秒
編集済
  岩淵さん、みなさん、おはようございます。

バリコンの画像をありがとうございました。
科学教材社のオリジナルとしてOEMされたのかもしれないですね。

自分が組み立てた0-V-2は最初の画像の回路図のままです。
(PDC加藤さんの組み立てた0-V-2は2つめの回路図だと思います)

>いつかこれに書かれている高1スーパーキットを買いたいと思っていましたがキット自体終わってしまいました。

JA-9の事でしょうか。
自分のところにジャンクな5R-66があるのですが、今回と同じようにシャーシを再メッキしてレストアする予定が、そのままになってます...。

0-V-2のシャーシと一緒にメッキしてもらった5球スーパーのシャーシがあるので、こっちが先になりそうです。
 

Re2:続々:科学教材社 0-V-2

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 5月 5日(日)07時32分37秒
編集済
  原さん、みなさん、おはようございます

>岩淵さんの0-V-2で使用されているバリコンにシスターの刻印はありますか?

確認してみましたが何も刻印されていません、記憶では教材用バリコンと当時の科学教材社広告に出ていた
と思います、組み立て説明書やラジオ製作本も見てみたのですがやはり出ていませんでした。この0-V-2は
電源部とVR周り以外は当時のままです、ヒーター配線もツイストせずエンパイアチューブを被せたメッキ線を
使っています、それと原さんが入手されたシャーシーにはFM用バリコンが付いていたのですか、それなら超再
生受信機になっていたのかもしれませんね、0-V-2の後にVHFも受信できるウルトラダインを作ったので
すが、此方にはAM/FM用バリコンが使われていました。残念ながらVHFはあまり受信が良くなく短波も0-V-2
程でなかったので処分してしまいました。

>・バーニアダイヤルのスリップ防止でバリコンとシャーシの間に厚さ0.5から1mm程度のゴムワッシャーを入れる

私の0-V-2もスリップが酷くなり安物の中華バーニアに交換しました。その際シャーシーとの間に防湿紙を
挟みました。処で原さんがお持ちのラジオ製先本、綺麗ですね、私が持っている物は「初歩のアマチュア無線製
作読本」と言う物で昭和49年発行の物です何度も読み返してボロボロです、いつかこれに書かれている高1
スーパーキットを買いたいと思っていましたがキット自体終わってしまいました。唯一作ったのは中に書かれて
いる12AU7超再生受信機を「ラジオ少年」領布の1R-STDをベースにして作りました。作品はラジオ工房内の「元
ラジオ少年の作品集」に掲載して戴いています

追伸

私の0-V-2内部ですが「電源とVR周り以外は当時のままです」と書きましたが10年前不調になった時
6BM8のソケットを交換しました。その時、白いガラスチューブを取り付けたり不足していたコンデンサーを
取り付けました。ただ6BM8の5極管部に付いているカソード抵抗は当時のままでP型が付いていました。
 

Re:続々:科学教材社 0-V-2

 投稿者:  投稿日:2019年 5月 4日(土)23時29分53秒
編集済
  岩淵さん、みなさんこんばんは。

加藤さん、お褒めいただきありがとうございます。
岩淵さん、初めまして。画像のアップありがとうございます。
とても高校生が製作したとは思えないくらい綺麗な配線ですね。

今回作成した0-V-2は、入手した時はバラバラの状態で、FM用のバリコンが付いていました。(VHF受信機?)
なので科学教材社のキットで使われている単連バリコンと似た形状のシスター(東和蓄電器)製のバリコンを使い製作しましたが、岩淵さんの0-V-2で使用されているバリコンにシスターの刻印はありますか?

とりあえず動作しますが手直しする予定の箇所です。
・バーニアダイヤルのスリップ防止でバリコンとシャーシの間に厚さ0.5から1mm程度のゴムワッシャーを入れる
・ツマミがパネルに対し高さが揃う様、VRと豆コンのシャフトをカットする。
・TBS(954KHz)を聞くとハム音が大きくなるのと、更に上の周波数の文化放送(1134KHz)では音が震えた感じになるので対策する。(NHK第一と第二は非常に強力で問題無し)

本当は今回の0-V-2で使ったシャーシで、子供の科学 1974年8月号に載っている6BM8を使ったトランスレス単球ラジオを作るつもりでしたので、機会を見てこれも製作してみるつもりです。
 

Re:続々:科学教材社 0-V-2

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 5月 3日(金)07時02分56秒
編集済
  原さん、みなさん、おはようございます、ラジオ工房さんでお世話になっている岩渕です
此方の掲示板では記憶がありませんが、初めての投稿だと思います、以後よろしくお願いします

今回は原さんの科学教材社0-V-2、リペアの投稿を拝見して同じ物を持っている者として
興味深く拝見していました。本当に美しくよみがえる物ですね、私が持っている物は高校生の
時の組み立てた物ですが商品としては後期型と思います、これで初めて7MHzのSSBを受信した
時は感動しました。

私の内部は10年前位に不調になりラジオ工房さんの掲示板で初めて投稿してアドバイスを頂き
修理しました。その後バーニアなどがスリップして安価な中華製の物に交換したりVR周りも交換
したりで現在の状態になっています、コイルもその時、最後のVHF用在庫品を購入できたので
2バンド分自作で作りました(キットにはMW用とCバンド分が付属)真空管の6BM8は当時の物です
流石に45年近く経っていますので外装は錆が出ていますがシャーシー内は未だメッキ感が残っています
 

続々:科学教材社 0-V-2

 投稿者:PDC加藤  投稿日:2019年 5月 2日(木)21時25分36秒
  原さん、いいですねえ。美しいです。

http://shoranosekai.g2.xrea.com/

 

続々:科学教材社 0-V-2

 投稿者:  投稿日:2019年 5月 2日(木)10時34分50秒
  元は赤い酸金抵抗だったので、手持ちのL型抵抗で使えそうなのを発掘し組み立てました。
(30KΩが無かったので、1本だけP型を使ってます)

再生はVRの半分くらいでスムーズに掛かりNHKの第一594KHzがバーニアダイヤルの目盛27度付近で受かります。

受信し難いニッポン放送も受かるので、感度も良さそうです。
 

続:科学教材社 0-V-2

 投稿者:  投稿日:2019年 4月30日(火)18時00分4秒
  みなさん、こんばんは。
加藤さん、古いシャーシでも再メッキして気分一新で組み立てられます(笑

バーニアダイヤルを付けたらバリコンが当初スムーズに回らなくて、再度バラして削ったりしてやっとスムーズに回るようになりました。
 

科学教材社 0-V-2

 投稿者:PDC加藤  投稿日:2019年 4月28日(日)19時15分26秒
  原さん、美しいシャーシーですね。鉄だと磁気遮蔽の効果があって、小さいシャーシーでも電源トランスのハムを拾いにくくていいのではないかと想像しています。

http://shoranosekai.g2.xrea.com/

 

科学教材社 0-V-2

 投稿者:  投稿日:2019年 4月27日(土)18時22分8秒
編集済
  皆さん、こんにちは。
0-V-2のシャーシがGW前にメッキ加工されて戻ってきたので組立ててます。

V1(6AU6)のソケット穴が9ピン用なので、長穴にして7ピンのソケットを装着
板金精度が低いので、折角メッキしたのにあちこち削りながらやっと形になりました。

また、旧JISマイナスネジの手持ちが10mmの長さの物しかないのと、雰囲気を出すのに丸ネジM3×6mmの真鍮ネジを使いました。
(旧JISの雰囲気を出してますが、0.5ピッチのISOネジです)
 

Re:続:トランスレス5球スーパー

 投稿者:  投稿日:2019年 4月22日(月)19時43分52秒
編集済
  皆さん、こんばんは。

加藤さん、資料をありがとうございます。
30A5の方が日本国内で使う場合は良さそうですね。

頂いた資料の回路図を見ますとヒューズがあり、部品面の画像もヒューズが付いていますね。
自分が持っているのは回路図にはヒューズがありませんが、シャーシにはヒューズ用の穴があるので、付けようとしましたがケース側と当たるので断念し、ACケーブルがシャーシへ入ってすぐのところに中間ヒューズホルダーを入れました。
(35W4をヒューズ代わりにしたのかもしれませんが、今ではヒューズ代わりにできません...)

それと簡略化されて12BA6のカソードが直接アースされてるのと、35C5はカソード抵抗のみなので、標準タイプ?の回路と同じ様に100Ωとパスコン、150Ωとパラに10μFをそれぞれ追加しました。
 

続:トランスレス5球スーパー

 投稿者:PDC加藤  投稿日:2019年 4月22日(月)15時08分35秒
  原さん、元々輸出用で、国内向けはラ製などに広告や記事が出ていました。(資料をメールし
ておきました。)

それによると、出力管は 30A5 でした。輸出用はアメリカの主婦が台所で仕事をしながら聴いた
ラジオと聞いた記憶があります。 かわいらしくていいですね。

http://shoranosekai.g2.xrea.com/

 

続:トランスレス5球スーパー

 投稿者:  投稿日:2019年 4月21日(日)19時42分55秒
編集済
  元々は輸出用なのでしょうか?

回路図は50C5ですが35C5が挿さってます。
全てフタバの球なので、国内向けのキットは35C5になっていたのかもしれないですね。
 

トランスレス5球スーパー

 投稿者:  投稿日:2019年 4月21日(日)19時34分36秒
編集済
  皆さん、こんばんは。
こっちも桜が終わったなぁと思ったら、昨日から暑いくらいです。

先日、70年代前半までの「ラジオの製作」に広告が出ていたトランスレスの5球スーパー(モナークサウンドのキット?)を入手し、バラしたら配線があまりにも汚いので全部バラして再組立しようかなぁ...。
とりあえずオイルコンが変形していたのでフィルムコンに交換したりしました。

ケースをワイドハイターに木曜から漬けてましたが、ちょっと黄ばみが薄くなったくらいなので、やはり1週間以上漬けた方が良いみたいです。
 

暑い!

 投稿者:山本  投稿日:2019年 4月21日(日)13時54分16秒
  みなさま、こんにちは。23℃越えが何日か続いています。桜も終わり、チューリップが花盛り。でも、あと少しで終わりそうです。
このあとは、ハナミズキかな。昨年の台風でかなりいじめられたので、桜に続いて寂しく感じると思います。
 

 投稿者:津田  投稿日:2019年 4月11日(木)19時08分11秒
  鈴木さん、そちらは寒そうですね。こちらは桜は散り始めています。今日6EY6を働かせました。この球はTVの垂直出力用ですが、6V6と同じ足接続です。Ep,Esg=200V,Eg1=-10v,RL=7kで働かせて普通の音が出ました。  

Re:桜

 投稿者:鈴木  投稿日:2019年 4月10日(水)09時33分59秒
  おはようございます。今期最高の積雪?10cmくらい積もってます。
この分だと桜は、まだまだ先になりそうな感じです。
原さん、科学教材社の0-V-2のシャーシ!それがあればオリジナルが再現出来ますね。
豆コンは、若松通商で扱ってるようです。在庫が無いかもですが?
https://wakamatsu.co.jp/biz/user_data/products_view.php?old=1&cate_id=5000
パネルは後期型でしょうか。確か違うタイプのSP穴がありましたね。私が真似したのは前期型の違うタイプでした。
 

科学教材社 0-V-2

 投稿者:  投稿日:2019年 4月 7日(日)22時49分37秒
編集済
  連続投稿ですみません。

ツマミは金曜日に追加で4個買っておきました。

昨日は科学教材社の0-V-2のシャーシを再メッキしてもらうのに、表面のメッキを剥がしたところです。

ついでに、これまた鈴木さんに送って頂いたUEW線を使ってMW用のプラグインコイルを作りました。
(下から25t、15.5t、105t)
少なく表示する怪しい中華製のLCメーターで確認したところ使えそうな感じです。
(多分、実際は340μHくらいのはずです)
 

 投稿者:  投稿日:2019年 4月 7日(日)22時28分50秒
  鈴木さん、皆さんこんばんは。

こちらも今日の昼間は暑いくらいで、桜が散る前に靖国神社へ行ってきました。
 

次はこれですが・・・

 投稿者:鈴木  投稿日:2019年 4月 7日(日)21時22分32秒
  元は外国製のロクタル管ラジオだと思いますが、GT管との混合ラジオになっちゃってます。
再配線してもらってから最初は聞こえていたけど聞こえなくなっちゃった。というラジオです。
シャシ裏を眺めていたらケミコンの固定ビスがなくてぐらぐら・・・
IFTにガタつきもありました。
配線は私じゃないです。念のため
 

Re:レトロなツマミ

 投稿者:鈴木  投稿日:2019年 4月 7日(日)21時16分19秒
  みなさまこんばんは。暖かくなったり寒くなったり体がついていかないです。
原さん、1個だけって・・・追加購入されたのかな?その手のツマミはもう手に入れるのも難しいと思います。
鉱石端子はなるほどですね。何するのかな~と思っていたのですが、トリオのコイルデーターに載っていたゲルマラジオをそのままコピーされたんですね。すごくいい雰囲気です。
 

Re:レトロなツマミ

 投稿者:  投稿日:2019年 4月 3日(水)22時24分20秒
編集済
  皆さん、こんばんは。

PDC加藤さんも購入されてたんですね。
流石です。
自分は今日1個だけ買ったので、明日4個買ってこうようかな(笑)

鈴木さんから10年くらい前に譲って頂いたターミナルを使ったゲルマラジオを引っ張り出してきて大きさを比べてみました。
出来れば、ゲルマラジオに使ったアルミのリングになっているタイプのツマミでしたら、もっと感激でしたね(笑)
 

レトロなツマミ

 投稿者:PDC加藤  投稿日:2019年 4月 3日(水)22時14分28秒
  私も買いました。大人買いしたかったのですが、手元不如意でしたので、5個で我慢しました。店主のじいさん、
「オリンピックまでは続けようかなあ」とか、「もう仕入れはやめた」とか、親しいお客さんと話していました。
 

レンタル掲示板
/307