teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:15/9187 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re:続々:科学教材社 0-V-2

 投稿者:  投稿日:2019年 5月 4日(土)23時29分53秒
  通報 編集済
  岩淵さん、みなさんこんばんは。

加藤さん、お褒めいただきありがとうございます。
岩淵さん、初めまして。画像のアップありがとうございます。
とても高校生が製作したとは思えないくらい綺麗な配線ですね。

今回作成した0-V-2は、入手した時はバラバラの状態で、FM用のバリコンが付いていました。(VHF受信機?)
なので科学教材社のキットで使われている単連バリコンと似た形状のシスター(東和蓄電器)製のバリコンを使い製作しましたが、岩淵さんの0-V-2で使用されているバリコンにシスターの刻印はありますか?

とりあえず動作しますが手直しする予定の箇所です。
・バーニアダイヤルのスリップ防止でバリコンとシャーシの間に厚さ0.5から1mm程度のゴムワッシャーを入れる
・ツマミがパネルに対し高さが揃う様、VRと豆コンのシャフトをカットする。
・TBS(954KHz)を聞くとハム音が大きくなるのと、更に上の周波数の文化放送(1134KHz)では音が震えた感じになるので対策する。(NHK第一と第二は非常に強力で問題無し)

本当は今回の0-V-2で使ったシャーシで、子供の科学 1974年8月号に載っている6BM8を使ったトランスレス単球ラジオを作るつもりでしたので、機会を見てこれも製作してみるつもりです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:15/9187 《前のページ | 次のページ》
/9187