teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/88 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「あしがら農の会研究発表」

 投稿者:管理者  投稿日:2006年 2月 8日(水)10時49分37秒
  通報
  「あしがら農の会研究発表」
地域自給(地域に根ざす食と農)の可能性を考える

地場、旬、自給をテーマに活動して参りました「あしがら農の会」も発足以来14年となりました。
このたび、東京大学池本研究室による「あしがら農の会」をテーマにした研究がまとまりました。
これを契機といたしまして、あしがら農の会の会員でもあり、有機農業研究会理事の久保田裕子さんのアメリカにおける地域自給のお話をあわせて、発表の場を持たせていただくことになりました。手探りで進めて参りました会の活動をここで新たな視点から見つめ直すとともに、これからの時代における食と農のあり方を考え、て参りたいと思います。

日時:2月18日(土)13時~17時

会場:開成町福祉会館ホール

参加費:200円

プログラム
第Ⅰ部
13:00-13:10開会の挨拶
13:10-14:10「アメリカ報告地域に根ざす食と農の運動」久保田裕子
14:10-14:30休憩
第Ⅱ部
14:30-14:40「なぜ農の会に注目するのか」池本幸生
14:40-「自給から考える農と暮らし」吉野馨子
            各説明20分「韓国の親環境農業の現状」金氣興
            質問10分「食の安全性と消費者の意識」白戸佑希子
          -16:40「アンケートの集計結果について」吉野・金
16:40-16:55質疑応答
16:55-17:00閉会の挨拶

講演者プロフィール
池本幸生東京大学東洋文化研究所教授

久保田裕子國學院大学経済学部教授 國學院大学の海外、2004年9月より一年間派遣研究員として渡米日本有機農業研究会理事

主催NPO法人あしがら農の会
後援開成町

問い合わせ先中村隆一.090-4820-2753 ご連絡下さい。
※託児に関しては連絡先相原0465-73-2981
締め切り2月10日午前中まで
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/88 《前のページ | 次のページ》
/88