teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/464 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

野音すっごいよかった♪

 投稿者:ポン子  投稿日:2013年10月 1日(火)14時32分23秒
  通報
  台風の影響で空の動きがすごく早くてお天気どうなるのか心配だったけど、雨はまったく降らず、月を眺めながらの野音はすごく楽しかった。
星もその時々で1つ、2つ見えたりするぐらい、お天気もってくれたんだ。

演奏の合間にも月をちらちら眺めていたんだけど、黄色がかってたり、金色っぽかったり、緑がかってたり、白っぽかったりと、1曲の間にも目まぐるしく変化して見える月の鑑賞もすごくいい思い出。

この曲の時は月がこんな風に変化したと 1曲ごとに克明に覚えていられたら どんなにいいかと思ってしまう月の夜でした。
そして、「月の夜」が聴きたかった~。
今写真に残せたら最高の思い出になるのに~と何度も何度も思ってしまったわ(笑)。

「さよならパーティ」が始まった時に、歌詞の「月の光窓から差す部屋で眠る」のところが好きなのでせめてそこだけは覚えていたいなあと見上げてら、少し前まではクリアに見えてたのに雲がかかっててびっくり(笑)。

「平成理想主義」から始まって、ミヤジの声はなんか前聴いた時よりいい印象だったので 速攻安心してすぐにお楽しみモードの気分で演奏聴いてたんだけど、3曲の「四月の風」が始まったらなぜか突然無事なエレカシの姿がまた見られてよかったと思ってしまい、この曲は涙が止まらなかったなあ。

ぬるいファンになってしまったので馴染みはないんだけど、「東京からまんまで宇宙」はすごい好きだなあ。
なんかこの曲を聴くとすごくうれしくなってノリノリになれました。

ずっと聴きたいと思ってた「星の砂」が聴けてすごいうれしかった。
この曲は開始から一気にテンションが上がるなあ。

新曲の「あなたへ」はうまく表現できないんだけど、いままで聴いたエレカシの曲の中で一番スケールを感じた。
恋人へ向けて書いた曲かもしれないけれど、親から子への愛情表現としても成立しそうな、人間愛的なスケールを感じてしまいました。

最近ロックフェス以外でエレカシから離れていたので気が付かなかったんだけど、
「シグナル」と「武蔵野」は「シグナル」はものすごくつらい時期にとりつかれたように聴いてた曲で、
「武蔵野」はもう治る見込みのない父親の病室でこんなの嘘なんじゃないかって激しく思った時に、何度も頭の中に流れ込んできた曲で、
この2曲を聴いてる間に、その当時の自分のささくれ立った感情とか、自分を取り巻く空気感とかがびっくりするほど生々しく甦ってきてしまい、涙が止まらなくて大変でした。
元々大好きな2曲だったけど、いつの間にかそれ以上の自分の人生と深く結びついたような曲になってたんだなあと気が付いて、なんかびっくりしたり、余計好きになったり。

ライブ中、演奏を楽しんだり感動しつつ、なんかいろんなところを自分が超えて来たり、当時悩んでた悩みは解決してないものも未だにたくさんあるけど、前ほど突き詰めて悩まなくなってきたなとか、
ミヤジの声は私にとってはある瞬間はどうしても清志郎を思い出してしまうので、若い頃野音で観たRCのライブまで思い出したりと、
なんだかライブ聴いてるんだけど、小説読んでるような感覚?、ちょっと私にとっては不思議な思い出深い一夜になりました。

「ガスト」でミヤジが歌詞を一部、論語6年ぐらい読んでるけどいまだに読めてないみたいなことと、論語は思いやりについて書かれてるみたいに歌ってたのがすごく印象深かった。

あと後半のMCでミヤジがみんなのおかげで元気出てきたみたいなことを言ったあと、「お互い様だぜ~」って言ってくれたのがツボでした。

喘息で体調が悪かったので、せつさんに会えてたのに飲めなかったのが残念。
きゅーぴーさんがご縁でお友達になったって言ってたエレ友さんと3人で途中まで一緒に帰って来たんだ。


 
 
》記事一覧表示

新着順:7/464 《前のページ | 次のページ》
/464