teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/21 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

感想です。

 投稿者:葉月  投稿日:2003年10月25日(土)23時41分28秒
  通報
  御無沙汰しております。
あれから何度か見直しました。
勿論、何度見終わってもスッキリする訳は無く、
う~~ん・・・
細かい箇所のツッコミはさて置き、
そして、
栄太の犯した「殺人」は決して許されない重罪である事を大前提に、
今更ですが、私の心に残る思いを。
・・・
私は、子供を守ってやれるのは、親だと思っていました。
特に「母」は、本能で子を守る生き物だと思っていました。
出産後しばらく、子の泣き声で、自然に母乳が溢れるという体の仕組みは、
子が「乳飲み子」から成長していった後も、
違う形で遺伝子に組み込まれていると思っていました。

栄太が母を訪ねて追い返され、「お母さん!」と泣き叫ぶ声が、
母の心に響かない訳が無い。
あのシーンで胸を締め付けられた人は多かったでしょう。
でも、あの母親は、「母」ではなかった。

そんな、行動の伴わない名ばかりの「母親」がいるのなら、
それ以外の周りの大人が、守ってやるしか無いのですね。
今の世の中、「個人主義」などと言って、
他人に関わりたくないし、関わられたくない人が多い中、
すごく難しい問題だと思います。
他人の子に注意すると、本人は逆ギレするし、親からは抗議、もしくは無関心いう時代。
関わった自分の身が、危ういかも知れない現実。

「私達にできること」

これを、考えていきましょう。
考える事を、止めないで、続けましょう。

他人事と思わずに、
1人1人の心にとめておく(気にかけておく)というのが、
小さな進歩なのでしょう。
そのきっかけをくれるのが「TEAM」なのでしょう。
・・・
色々思ってみても、ドラマの役。あんな母親はいないと願っていたのに…
実際に、名古屋でもっとひどい事件が起こってしまって…大変ショックです。
命が絶えてしまった子の前で尚、「離れたくない」と男を守ろうとした母親。
我が子とは、もう2度と会えないというのに。
しかも男は18歳の高校生。少年。
・・・
ドラマの中で「生きているなら、いいじゃないですか。」と言った栄太の母は、
まだマシだと言うのか。

胸が苦しいです。


 
 
》記事一覧表示

新着順:3/21 《前のページ | 次のページ》
/21