teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 世界遺産について語る掲示板(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:7/257 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

平泉の世界遺産登録には柳の御所跡の除外条件が付いている!!

 投稿者:佐藤弘弥  投稿日:2011年 5月 7日(土)20時03分14秒
  通報 返信・引用
  2011年5月7日未明(日本時間)、ユネスコの諮問機関であるイコモスより、平泉の世界遺産への登録勧告がなされた。これによって6月パリで開催されるユネスコ世界遺産委員会で正式に登録される可能性が高くなった。しかしこの勧告には、重要な登録条件が付けられている。それは、柳の御所遺跡を除外するという異例の指摘である。喜んでばかりはいられない。

明らかに、登録のネックとなる構成資産は残っていたことになる。柳の御所とは、奥州藤原氏初代清衡以降、政庁(政治の中心になる建物)として機能した重要な場所である。それが何故、除外条件になってしまったのか。

この問題の根幹には遺跡の真横を通過する平泉バイパスの存在がある。またこの問題は、ドレスデンのエルベ渓谷に渡された橋のために、この遺跡が2008年に世界遺産リストから除外されたことを、考慮に入れれば容易に判断がつく問題だった。私は、この遺跡が、平泉の世界遺産登録にとって、致命的な欠陥を持つものと一貫して指摘してきた。平泉が世界遺産の国内リストになるなる寸前の11年間も前からである。しかしこの指摘は、聞き入れられることはなかった。

結局、2011年、イコモスは勧告として、この柳の御所跡の除外を、登録条件としてあげた。推薦書に関わった文化庁や国内の推薦書作成委員も、町や県の関係者の多くは、このバイパス問題を、ある種のタブーとして、正面から論じて来なかったことを指摘して置きたい。これは一種の日本的議論スタイルのように思えた。関係者の誰もが、この問題の重要性を分かりながら、何とかなると、避けてきたのである。

しばらくして、公表されるであろうイコモスの柳の御所の除外原因についてその見解を、詳細に検討してみたいと思う。今後、6月まで、文化庁を中心として、柳の御所跡の除外についての議論がなされるはずである・・・。


※参考、
2010年1月21日に書き上げた「2011年平泉の世界遺産入りはどうなる!?」

http://www.st.rim.or.jp/~success/2010hiraizumi_ye.html
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/257 《前のページ | 次のページ》
/257