teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 世界遺産について語る掲示板(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


世界遺産にこだわらないで…

 投稿者:チャイ  投稿日:2008年 5月29日(木)00時01分18秒
返信・引用
  私は日本人ではありませんが、平泉の世界遺産の登録を興味を持って待っていました。
初めて平泉に来た時、中尊寺と古代蓮、毛越寺、高館からみる北上川、それだけでも十分に自然と平和を愛する日本人の美しい心が伝わってきました。また最初は、昔ここに仏教を中心とした平和の都があった…それは「藤原」という武士が作った…としか理解しませんでしたが、「源義経」という、日本人が今も愛してやまない昔の武士が平泉を愛し、ここで兄らに攻められ自害したという話を知り、平泉の見方がとても変わりました。北上川の流れにも重い歴史を感じるようになりました。平泉は平和を愛する日本人の心の原点と考えました。それから、毎年、平泉に行きます。春夏秋冬、同じ場所も心で感じることが全く違います。それは四季がある日本だからこそですね。素晴らしいです。

私の国にもいくつか世界遺産はあります。しかし、その歴史を深く知っている観光客はほんのわずかです。大体の人は「大きいね。綺麗。すごい。」と言って写真を撮って帰るだけです。観光客目的の商売がはびこり、観光バス用の駐車場や道路などができ、車も増え、人も人情も変わり、忙しくなり…昔の面影はほとんど消えつつあります。遺産自体もただの客寄せの石の塊に見えてくる…それが遺産の現状です。
また、ヨーロッパ人とアジア人の間には特に理解が難しい考え方の違いがあります。両者が長い話し合いをしてどうにか世界遺産に…と合意したとしても、遺産観光を目的で来る観光客は遺産の大きさやきらびやかさだけに興味を示し、その深い歴史を詳しく知ろうとはなかなか思いません。
今回、世界遺産が延期…又はキャンセルになってしまったとしても、それは平泉の価値が全くなくなってしまったということではないです。今回の事は今は亡き平泉の先人達の戒めかも知れません。逆に平和を願う国が本当にそこにあったならば、世界遺産という名にとらわれず、多くの日本人が心の平和を求めて訪れたくなるような町作りをすればよいと思います。日本人が魅力を感じる町であれば、きっと日本を深く理解できる外国人も来ます。寺の数も人口も京都より少ないですが、ゆったりした時の中で素朴な日本人の郷愁を深く身近に感じられる平泉はそれだけで十分、世界遺産以上に魅力的です。
私には日本の世界遺産をめぐるお金の事や複雑な行政の事は分かりませんが、営利目的に走らず、将来、日本の子供達が胸を張って誇れる日本の名所、先人達が平泉に望んでいた事や夢を実現して欲しいと思います。それが「平和な国づくり」なのではないでしょうか。
 
 

くだらない

 投稿者:盛岡市民A  投稿日:2008年 5月28日(水)19時09分39秒
返信・引用
  「浄土思想に関連する文化的景観」なんてご立派な事言ってないで、
・観光名所が欲しい
・公共工事は無駄なものではなかったと言いたい
・政治家としての実績が欲しい
って正直に言えばよかったのに。
 

平泉町民です!!

 投稿者:むっくん  投稿日:2008年 5月24日(土)18時56分3秒
返信・引用
  平泉が世界遺産になれなかったのは当然と思います。税金大量投入して、景観保全のためといって信号機を茶色のペイントのものにする。道路標識、送電線鉄塔、ガードレール、自動販売機、道路反射板、すべて特注品で古いものを新しくし、お金をかけて世界遺産になろうとした。もはや理解不能。でもそれでもどうしてもやりたかったならすべて木製にすればよかったのではないでしょうか。
まあイコモスもそのような金銭で物事を推し進めようとする思想は浄土思想なの?やっぱりちがうということを見抜いたのではないでしょうか。
それともやっぱり賄賂ってあるんでしょうか?あったとしたら今回の金額がたりなかったからかな?
 ちなみに平泉駅の2番線3番線階段の手摺りには、戦争中の米軍機による銃撃の痕がありました。平泉町民でない佐藤さんにはわからなかったかな?
 

もう手遅れでしょう

 投稿者:匿名  投稿日:2008年 5月23日(金)15時36分52秒
返信・引用
  あれ(モータリゼーションと地域振興)も欲しい、これ(世界遺産登録)も欲しい、というのは「欲が深すぎ」ます。私が初めて平泉を訪れたのは1954年(昭和29年)、小学校6年生になったばかりの春の修学旅行でした。平泉駅からの観光要所への移動はすべて徒歩でしたよ。平泉駅からの街中を小学6年生約200名の行列が徒歩で移動!想像できますか?そのせいかどうか、今でもあのとき見た平泉の自然と建物など、その光景ははっきりと記憶に残っています。役に立たない感慨でごめんなさい。  

平泉世界遺産入り「登録延期」イコモス勧告の衝撃!!

 投稿者:佐藤弘弥  投稿日:2008年 5月23日(金)11時40分44秒
返信・引用 編集済
  本日早朝(08年5月23日)、平泉の世界遺産登録の件、「登録延期」がイコ
モスより、勧告されたようですね。

勧告に対する賛成反対の意見は、それぞれあると思います。

それにしても、いかに昨年の石見銀山の例があるとはいえ、今回は簡単にはいかないでしょう。

具体的な勧告内容の詳細が分かるまでは、軽々に論じることはできませんが、や
はり過剰な公共事業が根底にあって、それが遺跡の良好な保存を破壊していると
いう現実をイコモス委員会が、懸念したということではないでしょうか。

いずれにしても、事の本質を正確に把握し、いったい何が問題なのかを、純粋な
気持ちをもって、見つめ直すことが大事だとおもいます。

現地の岩手日報は、電子号外まで出して、今回のイコモスの勧告を驚きと失望を
隠さずに報道しています。岩手県は、引き続き、7月の登録に向けて、全力を尽
くすと記者会見を行った模様です。

もう少し、情報が鮮明になった段階で、正式なコメントを発表したいと思います。

 イコモスの延期勧告に三首
イコモスの勧告怒るその前に為すべきことのあらんとぞ知れ
夢跡にバイパス通す美意識にイコモス「ノー」と告げしと感ず
コンクリの防災都市の様相を人類普遍の遺産と言はず

平泉を世界遺産にする会
佐藤弘弥
 

価値観が違うのか

 投稿者:イコモスが低レベル  投稿日:2008年 5月23日(金)07時48分56秒
返信・引用
  裏金を積まなければいけないような、雰囲気なってるね。イコモスを強制捜査したほうが良いぞインターポールの銭形。  

世界遺産登録延期勧告に思う。

 投稿者:反対意見を述べた物です。  投稿日:2008年 5月23日(金)05時59分26秒
返信・引用
   予想通りというのか、平泉の世界遺産登録は延期の勧告がなされというニュースに耳を疑った人はいないと思う。私は全く当然の結果と受け止めていますが、皆様はどうでしょうか?
 観光収入の増加が主な動機の出発点であるのは明らかであるし、悪い表現を使うならば学者並びに地元政治家とほんの一握りの勢力が平泉の文化遺産を悪利用してその地位を高めようとした運動と捉えても言い過ぎではない。

 今回の問題は、平泉が世界遺産に登録される目的の為にあらゆる手段を講じて、いろいろと辻褄を合わせてみたものの、結局はそれに相応しいという理由が乏しいと結論つけられたのではないだろうか?

 世界遺産会議メンバー自体にもプライド、自尊心があるのであり認めたくない物を簡単に認めるはずがないのである。

 そもそも平泉の遺跡は文化遺産として大変価値があるのであるが、どうしてそれを世界遺産と無理やり結び付けなくてはならないのか最初から理解できない人が大多数であるのが事実であろう。そのブランドネームが欲しい姿は、低俗な女子校生が有名なカバンを買い漁るその動機となんら変わりはない。
 世界遺産登録と、カッコイイ名前をつけたはいいがその動機が見透かされたと言うのが
本当の事実であろう。

過去に何回か平泉市役所の主催するホームページに意見を述べたが全て却下されたのは反対意見は全て切り捨てて賛成の意見すなわちそちらに都合のいいような意見ばかり取り上げて
いかにも皆がそう思っているように操作しているのがあからさまであった。

 今回の件で関係者に猛反省を促したいと思う。
 

平泉の世界遺産入りにはもちろん賛成ですか・・・

 投稿者:佐藤弘弥  投稿日:2008年 4月 8日(火)10時40分43秒
返信・引用
  むっくん さん

平泉の手すりの件は気に掛けたことがありません。
差し支えなければ教えてください。

現在、平泉が登録に向けて、最後のお化粧直しに必死になっている姿に複雑な思いが募っていることは事実です。自動販売機が置いてあるような世界遺産地域は、日本以外にはないと思います。確かにあれば、便利かもしれませんが、世界遺産の意味と、人類の文化遺産としての景観の保全を考えた時、奇異な異物にしか見えません。

大切なのは、むっくんさんが言われるように、ありのままの平泉で良いのではないかと思います。と同時に、世界遺産に相応しくない景観が存在することをはっきりと自覚し、それを払拭する努力をすることではないでしょうか。つまり「道路の色」や「信号機の色」や「駅の手すり」や「自動販売機の色」などは、簡単に色を塗って、ごまかせます。ですが、それは本質ではない。世界遺産の本質的価値は、
もっと別のところにあります。平泉バイパス工事や衣川堤防かさ上げ工事などによって、ズタズタに破壊された平泉の懐かしい景色は、容易には取り戻せません。

イコモスの関係筋も、この7月の世界遺産入りについては、極めて懐疑的な発言をしていると聞いています。おそらく昨年の石見銀山以上に厳しい声が、上がることがあるかもしれません。何故ならば、その一番の根拠は、「浄土思想」が欧米の委員にとって解りにくいというよりは、ズバリといって、非戦の誓いと、浄土を感じさせる景観が、あの巨大なコンクリートのかたまりが圧倒する現在の平泉で感じることができないという厳然とした事実があるからです。

私の現在の立場は、平泉の世界遺産入りを支持します。それはまず、世界遺産になって、世界遺産委員会の厳しいチェックを受けるべきだと思うからです。そうするとこれまでのような安易な無駄遣いはできなくなります。世界遺産入りに甘いバラ色の夢を抱くことは、今の時点では仕方が無いのかも知れませんが、世界遺産に入ったからと言って、地元が豊かになるという保証はどこにもないどころか、場合によっては、観光客が増えて生活がしづらくなるなどということがないとも限りません。

これからは、平泉の住民自身が、自分自身で、道路や橋が良いか、それとも福祉や教育や医療費補助に回すべきかを決める時代がやってきます。つまり国に依存したこれまでの自治のあり方が、根本的に改められるということがこれから地元の住民が考えるべきことではないでしょうか。以上に、むっくんさんのご質問の答えになるかどうかは解りませんが、現時点での私の見解を述べさせていただきました。
 

真面目に考えています

 投稿者:むっくん  投稿日:2008年 4月 7日(月)21時58分44秒
返信・引用
  佐藤弘弥さんは、平泉駅の2番3番線の階段にある手摺に何があったのかご存知でしょうか?・・

そして聞かせてください。
信号機やガードレールやフェンスを新しい茶色いものに取り替えたり、自動販売機を無地の色にしたり、アスファルト舗装を赤いものにしたりすることに意味はあるのでしょうか?
特に道路関係のものは、私たちの貴重な財産、すなわち税金で賄われていることでしょう。
町道、県道、国道然り。
僕はむしろ今回世界遺産入りは見送られて、反省をしてもらいたい。
お金をかけて世界遺産になろうとするのはおかしいと思いませんか?
ありのままの平泉で堂々と登録すべきじゃなかったでしょうか?
どうでしょうか?佐藤さん
今となってはただのぼやきですが。
 

新年への挨拶 平泉の世界遺産入りと非戦への祈り

 投稿者:佐藤メール  投稿日:2008年 1月 5日(土)18時09分55秒
返信・引用
  皆さま新年おめでとうございます。健やかな新年をお迎えの事とお慶び申し上げます。一言元旦のご挨拶を申し上げます。

 本年は、平泉が世界遺産になる(?)年に当たります。正直にいって、平泉バイパス、衣川堤防かさ上げ工事などによる景観の悪化によって一抹の不安があります。ただ、これも2008年の世界遺産入りをスタートとして、長い時を掛けて修復して行くべき平泉にとっての大きな課題だと思います。

 そこでやはり念頭に置かねばならぬことは、平泉文化を開いた藤原清衡公の「中尊寺落慶供養願文」に込められた非戦への誓いを根本の教えとして、一日も早く世界が恒久平和の楽園となることを祈念することだと思います。

 まさに平泉は、戦争を二度と起こさない、起こしてはならないとの強い思いをもって開かれた都市でした。これこそが平泉が世界遺産として登録されるべき不可視の根拠だと思います。

 本年が皆さまにとって良き年となりますことを、祈念申し上げます。
2008年1月1日
佐藤弘弥
 

レンタル掲示板
/26